家ってなんだろう?

オフィスより
from:野城

家の役割って、何?

あなたは、家にどのくらい居ますか?
例えば、
朝7時に出勤、夜9時に帰宅すれば10時間は家にいることになります。
休日であれば24時間、家にいることもあると思います。
 
で、家で何をしますか?
「食事をする。家事をする。睡眠をとる。お風呂に入る。勉強をする。」
まだ、まだいっぱいあります.
 
今回は、今更ですが、「家」についてあなたと一緒に考えてみたいと思う。
 

家には何がある?

食事をするためには何が必要でしょう?
8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_s
テーブル、食材を保管する冷蔵庫、料理をするキッチン、食器をしまう食器棚、水も必要です。
そして、料理を作る人、それを食べる人がいます。

家をひとつの箱に考えてみると、その箱の中にはたくさんのものが存在します。
生活するために必要なもの。生活必需品もあれば、生活を居心地よくするものもあります。
そして、それを使い、利用し、想像する人がいます。

普通に生活できること

掘り下げると、家があることで、人間らしく、普通に生活できていると思いませんか?
その家に「雨漏りがする。地震で壊れる。転落しそう。怪我をしそう。床が抜けそう。泥棒が入りそう。」
常に気にしていなければならない、家だったら、どうでしょう?
おちおち、安心して、寝られない、出かけられない、お風呂に入れない・・・
これでは普通の生活がおくれませんよね。

そして、生活のバランスが崩れてきます。明日、元気に会社・学校にいけない。
こんな生活にもなりえます。このような家では元気がでませんよね。

あなたが、家に余計な意識をすることなく暮していけること。
 
そして、造り手である人は、どんなに、デザインにすぐれていても、どんなに忙しくても、本質を忘れてはいけませんね。

明日への活力が得られること。

これが、僕が考える「家」であると感じています。

あなたはどう思う?
 
 
それでは
-のしろ
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る