マンション購入、ネット情報に惑わされないために。

From 野城
さいたまスタバより

大手不動産のマンションがいい?

僕はネットショップで商品を見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうんです。
「この角度の写真があるといいのに・・」「他のお店ではもっと安いかも・・・」と、クルクルクル、行ったり来たり、そして、ユーザーレビューを参考にし、買い物かごに入れる。こんな経験、あなたもあると思う。

あなたは、商品が届いて、がっかりした、なんてことありますか? 
僕はあります。レビューや商品写真、説明をみて買ったけど、なんか違うと思ったことがあります。だから、最近はなるべく実物を見てから買うようになりました。
やはり、物に対しての感じ方は人それぞれで、Aさんはいいと思っても僕はダメ。僕が美味しいと思ってもAさんは嫌いと言うのがあって当然ですよね。
 
さて、今回は、現代では無くてはならないネット情報とマンション購入について、あなたと一緒に考えてみたい。

どんなワードで検索する?

マンションを探す、そして、決定段階の方向性など、ネットで調べる時があると思う。
8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s
マンションサーチは、ヤフー不動産やスーモなどの不動産情報サイトを利用すると思いますが、あなたが、このマションを決めようと考えた時は、どんなキーワードで検索するでしょうか?
検索の目的は探すこと、何かを調べたい時だと思います。そして、このケースの場合、おそらくあなたが心配に思っている内容が多いかもしれません。
例えば、こんなこと・・・。
 

  • ○○不動産・●●建設 評判
  • 手付金 金額 妥当?
  • 契約書 ポイント
  • ●●マンション 資産性

 
余談ですが、弊社もネットが主な媒体なので「アスナロデザイン 評判」「住まいの調査団 評判」というキーワードで、結構、調べてくれています。

いざ、決めようという時、やはり、評判が気になります。みんなどんな風に感じているのかを共有し安心感を得たいですよね。マンションコミュニティというサイトが利用されている理由も納得できます。
そして、悪い書き込みばかりが目立つと不安になります。それが、実績の少ない不動産会社であると更に不安になります。

しかし、大手不動産会社はネット評判に左右さることは少ないかもしれませんね。たくさんの悪評も出てきますが、「大手だから大丈夫」「実績があるから大丈夫」という具合に、ユーザーレビュー以上の納得感があります。これが、大手の強みです。

大手不動産は本当に大丈夫なのか?

「何が大丈夫なの?」って感じですが、買い手にとって、大手不動産が提供するマンションには、絶大なる安心感が存在しています。

  • 倒産することはない。
  • へたなことはしないだろう。

よく「へたなことをしないだろう」 ということを聞きますが、へたなことって、何ですかね。
構造欠陥や契約不履行でしょうか。
近年は大手不動産会社のトラブルもありますが、しかし、大手であるという安心感が、大きく揺らぐことはないようです。

やっぱり大手がいいのか。

確かに、会社の基盤とブランド力であれば、断然、大手不動産会社がいい。
そして、一つの街を形成するようなマンション開発。これは大手不動産の魅力です。
その他、マニュアル(運営・建設)が整っている(深い)などもあります。
また、マンションはその地域性によって、それぞれのコンセプトで計画されますが、一貫性のあるマンション計画も大手の強みです。(マンション仕様は販売価格と比例しますので異なります。)
一貫性とは? 例えば、三井不動産レジデンシャルでは下記の3つ。

  • 住まいづくりの思想
  • 住まいのブランド
  • 未来への取り組み

それぞれのマンションに特化したコンセプトではなく、企業としてのマンションづくりの基盤となるコンセプトです。長期に渡り、健全に維持していく必要のある住まいには重要な基盤となります。

では、大手以外のマンションは買ってはいけないのか。

けして、そんなことはありません。
中堅どころの不動産会社は、大手にならうような、マンション提供が一般的になりますので、極端に劣るものではありません。また、都市部の好立地である、小さな土地(マンション用地として)にマンションをつくれる優位性もあります。
 

ネット情報はこのように考えよう!

あなたが検索して出てきた、不動産会社や施工者の評判。いろんな事が書いてあれば、当然に不安になり、気になります。
しかし、真剣に買おうと考えている人や契約した人が、メチャクチャな否定や批判はしません。(契約者にトラブルがあった場合は否定や批判ではなく、願望的な言葉です。)そんな貧しい言葉に、あなたの心が左右されては勿体ですよ。
いろんな人の意見を、ひとつの情報源として、あなたが、今、思っていること比べる、そして、新しい発見があれば「見直す必要があるのかどうか」を考える場とするといいかもしれません。
 
ネットショップの買い物とマンション購入は違います。自分の価値観を改めて見つめる場とするといいですね。
 
 
それでは、
-のしろ
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る