心豊かに、あなたの家をナビゲーションする方法

From:野城
亀有スタバから
 
 
今日は街について、あなたとシェアしたいと思う。

私の家はココにある。

仕事、買い物、ラニンニグ、散歩、いろいろな目的で街を歩く機会があると思う。しかし、街の様子だけを意識し歩くことは少ないかもしれない。自分が中心となり、ただ自分の周りの人や街が通り過ぎていく。
みんな毎日の生活で忙しい。だから、自分が歩く道から脇にそれる余裕もないし、自分の道に邪魔が入ればイラッと来ることさえある。
   ・
   ・
   ・
   ・
はっははっっっ・・・。
どう? こんな始まりは? エッセイ風?

今の世の中、暮らしやすい? 便利なものは沢山あるけど、将来への不安は尽きない。
だから、その反面、心豊かにと、心を癒すための本やアイティムなどがヒットする。

今回は便利だけど心豊かでない。こんなことを街と暮らしに当てはめて、あなたと一緒に考えてみたいと思う。

家までの道のり、どう説明する?

さて、あなたが、今、暮らしている街、そして自分の家を案内するとしたら、どのように説明する?
少し考えてみてほしい。
   ・
   ・
   ・
   ・
どうだろうか?
「駅西口を出て、みずほ銀行のところを左に曲がり、2つ目の信号を左に曲がると、セブンが見えます。で、その隣が私の家です。」
おそらく、こんな具合でしょう。
しかし、もっと簡単にできる!「住所言いますね。東京都練馬区・・・・」あとはグーグルマップで検索して来てくれ、みたいな。この方が今は多いかもしれない。ピンポイントだから便利。そして、訪ねてくる人はスマホを頼りに画面に誘導されながら歩く。だから、街の雰囲気なんてあまり気にしてられない。

心豊かに、道案内する方法!

では、「心豊かに」というフレーズを、道案内に当てはめてみたいと思う。
いつも見慣れている街をあらためて違う視点で見てみよう。ポイントは樹木、そして色や家の風景。
例えば、こんな風に。

「駅西口を出て、みずほ銀行のところを左に曲がると、レンガ色の道が続きます。しばらくすると左手に茶色い木の塀の家がありますので、そこを左に入ると桜並木の通りに出ます。その桜並木に沿って歩き、セブンイレブンが目印です。」

どうだろう? 少しでも、豊に感じるだろうか。
当たり前の目印だけでなく、街の風景も入れてあげると、街のイメージも湧きやすくなる。
4f6e002e76c096ba5e4e0f686812b4a6_s
あなたが暮らしている街、お店や信号などの目印だけではなく、色や樹木、家の風景などを意識して歩いてみてはどうだろうか。
毎日、歩く道すがら、心がほっとするものに出合えるかもしれない。
 
 
それでは、
-のしろ
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る