「このマンション欲しい!」という、欲求の功罪。

From:野城
池袋スタバから

 
今日は「マンションが欲しい」という欲求についてあなたと一緒に考えてみたいと思う。

恵比寿に住みたい!

でも、探してみると新築マンションが少ない。あったとしても坪500万超える高額マンション。それでは中古物件に目を向けてみる。・・・・高い!
ようやく80平米、6000万円という物件を見つけた。しかし、築40年・・・とかなり古い。
 
さて、あなたは、このようなケースどう感じるだろうか、一緒に考えもらいたい。
あなたは、まず築40年ということが引っ掛かるだろう。
いつまで住めるのだろうか、構造は大丈夫か、設備はどうなのか、余計な費用が掛かるのでは?こんなに古いマンションが大丈夫なのだろうか・・・と心配になる。
私もあなたと同じように感じるだろう。
 
しかし、実際にそのマンションを見学してみると、駅からも近く、周辺環境も悪くない。建物は確かに古いが、建物全体を見て暮らすわけでもなく、部屋はリフォームして綺麗すればなんとかなりそうだ!
物件価格が6000万、リフォーム費用が1000万、その他諸経費入れて合計で7500万。少し予算オーバーだけど返済はなんとかなりそう!
 
394966

欲しいという気持ちが一気に高まる。

さらに、不動産会社の営業担当から、「この地域の物件は人気ありますからね。すでに何組の人が見学に来ていますから、早く決めないと他の人に・・・」と、
営業トークは百も承知だか、しかし「無くなってしまうかも・・・・」という焦りがプラスされ、更に欲しいという欲求が高まる。
そして、ついに勢いで申し込みをしてしまった。
 
このようなケースは不動産売買でよくある。「無くなってしまうかも」というよな気持ちが余計に欲しい気持ちを増大させる。
これは日常にもよくある行動でもある。「限定販売」「たまご一パック99円、ひとり一パックまで」こんなスーパーのチラシを見て、開店を目指して出かける。「早く行かないと無くなってしまう」という気持ちゆえの消費者行動。そして、ついでに必要のないものまで買ってしまことがある。
 

でも、ちょっと待って!

築40年の懸念はどこにいってしまった?
リフォームで部屋の中を綺麗にすることは懸念を解消することではないはずだ。

マンションは99円のたまごとは違うのだから・・・・。

欲しいという欲求が懸念を全て忘れさせてくれることもある。これは良い場合もあるが、のちのち、より深く悩む原因となってしまう場合もある。「欲しい」という衝動。一度、我に返り、冷静になってみるものいいかもしれない。

 
 
それでは、
-のしろ
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る