マンション購入、視野を広げてみてはどう?

from:野城 郁郎
船橋スタバから

住まいを購入することはその街に暮らすこと。そして、マンション選びは街選びから始る。
今日は街についてあなたとシェアしたいと思う。
漠然としてつかみどころのない話となりそうだが、雑談程度の話題としてあなたと一緒に考えてみたい。

住みたい街ベスト10

machi住みたい街 
吉祥寺、目黒、横浜・・・・。毎年、発表される住みたい街ベスト10。便利そうだし、お洒落な店があり、なんか、素敵な暮らしができそう。確かに、雑誌やメディアに取り上げらるような街で暮らすことに憧れるし、素敵な暮らしが待っていそうだ。
 

私はブランド力のある街に建つマンションにお邪魔することも多々あるが、この時はやはり胸が高鳴る。自分では決してこのような街に暮らすことができないゆえの憧れみたいな高鳴りなのかもしれない。
「サングラスを額の上にかけたカッコイイ外人がカフェで談笑していたり」「朝から彫の深い顔の外人が犬連れて散歩してる」みたいなシーンにも出会うことがある。 カッコイイ街のイメージのままの光景だ。

私はマションを訪ねる際、ココで暮らすイメージが自然と湧いてくる。でも、その中には私の感覚的にマッチしない街が当然にある。先ほどの外国人が似合う街、私には暮らすイメージを深めることができない。しかし、私とは違ってしっくりくる人も大勢いる。人それぞれ、ライフスタイルも異なるし生まれ育った環境も違うので当然のことかもしれない。

未体験への違和感

具体的ではないが、何だか、しっくりこない。落ち着かない・・・という経験が。しかし、これは単に過去の経験からのものだけで、もしかしたらとっても暮らしやすいかもしれない。それは、実際に自分がそこに暮らした経験がなければ、イメージはできるが実感まではわかない。だから、自分にしっくりこないし、知らない街に暮らすということに後ろ向きになる。

私はお客様に次のような話を聞くことがあります。
「ここの場所(街)は、何か所縁や土地勘などあったんですか」・・・と。
妻の実家が近くで、とか、前に近くに住んでいたんです、とかなど、何となく地理的に知っている人が多いが、中にはこのような話をもらうこともある。「まったく知らないです。今もココから遠くに住んでいますし、土地勘全然ないんですよ・・・はははぁ」みたいな。
これって凄くないですか。マンション探しにおいて広範囲で検討し行動力もいる。チャレンジャーです。
しかし、よく話を聞くと、むやみに決めたのではなく、住環境、地域性、利便性、会社へのアクセス・・・きちんと検討しその上で決定しています。

その方から、入居後に話を聞く機会があり「どうですか?」という話を聞いた。
静かだし、・・・・、電車の便もいい、暮らしやすいですよ。・・・という話が返ってきました。
住めば都と昔ら言うし、慣れてしまえばどうったことないのかもしれない。

エリアで何かにこだわっているもの。これを改めて思い浮かべて書き出してみてはどうか。もしかしたら、そのこだわりが実はそんなに大切ではないかもしれない。

広い視野で見てみよう!

もし、エリアに行き詰ってしまったら、あらためて考えてみてはどうだろうか?
あなたはどう思う?
 

それでは、
-のしろ

 

関連記事

ページ上部へ戻る